ブログ

HOMEブログトップ > 失言

2024年4月 3日 11:38

写真:弁護士

失言

またどこかの偉い方が失言をして大騒ぎになっています。
ニュースのコメンテェーターが,いつも思っていることがとっさに言葉に出てしまうのだ,という趣旨の批判をしていましたが私は少し違う見方をしています。

日本国憲法で内心の自由は100%保障されていますから心の中で何を思おうと個人の自由だと,私は思っています。
しかし内心を言葉にすること=表現の自由は100%自由ではありません。他人の人権(この場合には他人の気持ち)とのかかわりがあるからです。

言葉は時には人を自殺に追い込むほどの力があります。ましてや人を導く立場にある人,公の場での言葉の選択には慎重になるべきです。

私自身も法律家としても、人としても、言葉を大切にしようと思いました。

この記事へのコメント(0)この記事へのトラックバック(0)

前の記事「春の雪

トラックバック

このブログ記事へのトラックバック

コメント

コメントを投稿する

ページトップへ戻る

ご相談・お問い合わせはこちら

酒井・橋本・日笠法律事務所 TEL:011-281-3767 FAX:011-281-3779 お電話の受付時間(平日)AM9:30~PM5:30

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

個人情報保護方針はこちらをご確認下さい。